指揮・指導 折田 真樹(Maki Orita)

指揮・指導 折田 真樹国際基督教大学(ICU)卒業後、東京芸術大学音楽学部へ進学。安宅賞受賞、東京文化会館における代表演奏を以って卒業。同大学大学院独唱科入学。在学中、学外にてイタリア人指揮者セルジョ・ソッシィ氏の薫陶を受け、言語と発声の関係に強い関心を抱く。「ヨーロッパ言語とベルカント唱法」にて修士号取得。
卒業後、オペラ活動を続け、イタリア、スロヴェニアにてオペラ公演に出演。

1995年、ロシアに渡り、ロシア正教近代聖歌の楽譜を持ち帰り、ICU OGC合唱団を中心に本邦初演、研究・演奏を続ける。
また、20年にわたりICU教会聖歌隊指揮者を務め、多くのキリスト教歌譜を収集。

2003年、共に渡露した林正人氏とともに、恵雅堂出版より『近代ロシア聖歌集』を上梓。
同年、『ユリイカ』等に関係論稿を発表。
その後、東西教会音楽観の相違と、古代ギリシャ音階およびルネサンスの連関についての考察・研究を重ねる。

2007年、ロシア正教聖歌の普及を目的に「オーソドックス合唱団」を立ち上げる。

2011年、真言密教現代賛歌『讃祷歌』のロシア聖歌風編曲を発表。

▼さらに詳しく折田の素顔に迫る……

MakiOritaのブログhttp://ameblo.jp/museandmelos/